TOP > 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー > 【9月26日配信】「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.40

賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー

【9月26日配信】「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.40

今回のことば

"リーダーシップ 3つの要素と原理"

船井総研 賃貸管理ビジネスコンサルティングチームがお届けする経営者・
経営幹部向けメ-ルマガジン 【ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え】です。
※船井流経営法の原理原則に関する情報をお届けしております。


松井哲也です。

今回は、経営者、幹部の皆様に、改めて船井幸雄が説いた「リーダーシップ」に
ついてお伝えします。

何億人もの国民を動かすのも、1人の家族を引っ張るのも、複数の人間を束ねる
にはリーダーシップが必要です。もちろん、皆さん企業の経営者、経営幹部も、
同じく根底となるリーダーシップ論が必要です。

船井幸雄が生前話していた、「リーダーとはこうあるべき」という考え方を分か
りやすく、3つの要素と、3つの原理でお伝えしたいと思います。


「基本的要素」

(1)ビジョンを描く
未来の絵を描く。方向性を示す。ビジョンとは日本語で「展望」と訳されます。
自分の組織体が、3年後、5年後、未来にどうあるべきかを、目的、目標、施策
を中心に描いて、示すことが重要です。

(2)モチベーションを上げる
その気にさせる。熱狂させる。組織体に属するメンバーが常にやる気の状態を
保つにはどうしたらいいか。自ら実践する、引っ張れるモデル社員を作る、
ビジョンを目指す一体化する場面を作る、個々の目指すビジョン(夢)をかな
えてあげる。常にワクワクさせる力が必要です。

(3)実行させる
実行のサポートをして、目標を達成させる。人によって得意、不得意は必ずあ
りますが、長所を活かし、短所を補う。強制する、コミットする場面も必要と
いわれる場合もありますが、とにかく最終場面への実行を導くことが大切です。



「原理原則」

(1)天地自然の理を知る
自然界で言えば、川の流れに逆らってはいけません。もちろん流れは変わりま
す。何も無い落ち着いた状態から、天変地異にて大きく変わる事もあります。
ビジネスの世界でも同じでしょう。大きく天地自然の理を知ることが重要です。

(2)人間として正しい生き方をする
「いま行っていることは本当に正しい行動か?」といかけてみてください。
正しいルールに則っているか?、正しい人間性に基づいているか。船井幸雄は
世のため、人のためになる生き方をするよう、常に話していました。

(3)使命感を持つ
リーダーは受け身になってはいけない。常に能動的であれ。それは使命感がな
ければ進められません。自分も他人も奮い立たせる原点は、目指す大儀に向か
えるための使命感だと思います。使命感が危機に強い組織を作ります。

文字にすると当たり前ですが、やはり成功している経営者・リーダーに置き換
えると、頷けます。私も改めて、書くことで自戒しています。ぜひ、意識して
ください。



担当コンサルタント

松井 哲也
賃貸・土地活用グループ
グループマネージャー 上席コンサルタント
岐阜県岐阜市出身。法政大学経済学部経済学科卒業。前職は大手旅行代理店の企画営業に従事。入社以来、不動産業(賃貸・売買仲介、管理業務)の業績アップ・活性化を手がけている。 空室対策や、管理業務の効率化を切り口に、現場の活性化、及び業績アップを手がける。 綿密なマーケットリサーチに基づき、管理業務・仲介業務(仕入・集客・営業)のバランスを前提にした具体的かつ即効性のある現場中心の実践支援は定評である。 最近では、空室対策からの賃貸周辺商品(提案型リフォーム・売買・建替え等)、資産活用(新商品開発)への展開も積極的に取り組んでいる。

このコンサルタントに無料経営相談を申し込む


 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー
コンサルティングメニュー 一覧
賃貸仲介業績アップ 賃貸管理業績アップ
売買仲介業績アップ 0賃金導入支援
資産管理部門立上支援 講演依頼
オーナー通信代行