TOP > 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー > 「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.30

賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー

「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.30

今回のことば

成功の3条件~その2~「素直」

船井総研 賃貸管理ビジネスコンサルティングチームがお届けする
経営者・経営幹部向けメ-ルマガジン【ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え】です。
※月2回で船井流経営法の原理原則に関する情報をお届けしております。


松井哲也です。


業績アップ理論・考え方を総称した「船井流経営法」
今回は、"親身法"についてです。


親身法とは、、


相手が見えなくなるまでお見送りをします。
お客様が来社されたとき、駅や空港まで送っていただいたときなど、必ずお客様
が視界から消えるまで笑顔でお見送りをします。

一流の人との付き合いは、良い癖付けからはじまります。

名刺交換した人、仕事をさせていただいている人、お世話になった人などには手
紙を書きましょう。レター法とも言います。電子メールやSNSなど便利な時代
にあっては、手書きの手紙(私信)が、最も人の心を打ちます。また手書きの手紙
は人脈形成でも大切なことです。



具体的には、こんな事例があります。

船井総研初期メンバーの大先輩に聞いた話です。
その方が入社したての頃(40年近く前)、当時は流通業の仕事が盛んで、船井総研
では若手社員を大型バスに乗せて、しばしば繁盛店を視察して回り、船井幸雄自ら
社員たちを指導してくれたそうです。

当時の船井幸雄の年齢は40代後半頃です。

視察先の1つで、当時、業界の注目を集めていた中部地方のスーパーマーケットさ
んを訪問して、次の企業へ移動する時のこと、
船井幸雄は車内の若手社員たちにこう言ったそうです。

「君たち、駐車場を見てご覧。社長(視察先のスーパーマーケット)が見送ってく
れているだろう。私たちが見えなくなるまで見送ってくれていますよ。一流の人は
お客様1人1人を大切にするんだよ。君たちも覚えておきなさい。」

視察先の社長は、バスから振り返って見て、見えなくなるまで頭をさげられていた
そうです。

一流の人は、本当に相手に対して親身な対応をされるものです。



もう一つ、親身法といえる事例があります。
船井総研で語り継がれている実例です。

京都には七味だけを扱ったお店があるのですが、このお店の経営の考え方が凄いで
す。創業して300年以上経つ老舗ですが、ある年、材料になる山椒の作柄が悪く、
この年の七味の材料に使うかどうかを当時の当主は迷っていました。

作柄が悪いとはいえ、使えないことは無い。

しかし、いつもの品質を維持できないであろう材料を使うことは躊躇していました。
そして、当主はその年の七味の製造をやめる事を決めました。

いつものような最上の商品を提供できないから。
お客様に申し訳が立たないから。

この店はその年、製造を止めましたので売上は立たず、赤字でした。
当主は赤字でも、店の信用を大切にしたのです。

翌年、一昨年のように通常の商品を提供できるようになると、売上は一昨年を越え
る売上を実現しました。

貸借対照表には出てこない「のれん」(信用)という資産を大切にしたのです。
この事例もお客様のことを親身に考えた結果、企業の良心を貫いた結果だと思われ
ました。

相手からの見返りを期待せず、自分の都合以上に相手の都合を大切にした結果だっ
たのです。

親身に接すれば、親身が返ってくるのです。
業務効率、生産性などが求められる時代になって、忘れてはならない基本の考え方
ですね。


賃貸管理会社業績アップ勉強会 賃貸管理ビジネス研究会ご案内

賃貸管理会社業績アップ勉強会 賃貸管理ビジネス研究会

この研究会は、全国でもトップクラスの賃貸仲介・管理会社を目指す事を目的として、頑張っている参加者企業同士の皆様にて、お互いの最新成功事例を共有しあいながら、また業界の最新時流を学びながら、今後さらに組織を活性化し、生産性を高めていって頂ける場づくりとして考えております。

>>詳細・お試し参加のお申し込みはこちら

担当コンサルタント

松井 哲也
賃貸・土地活用グループ
グループマネージャー 上席コンサルタント
岐阜県岐阜市出身。法政大学経済学部経済学科卒業。前職は大手旅行代理店の企画営業に従事。入社以来、不動産業(賃貸・売買仲介、管理業務)の業績アップ・活性化を手がけている。 空室対策や、管理業務の効率化を切り口に、現場の活性化、及び業績アップを手がける。 綿密なマーケットリサーチに基づき、管理業務・仲介業務(仕入・集客・営業)のバランスを前提にした具体的かつ即効性のある現場中心の実践支援は定評である。 最近では、空室対策からの賃貸周辺商品(提案型リフォーム・売買・建替え等)、資産活用(新商品開発)への展開も積極的に取り組んでいる。

このコンサルタントに無料経営相談を申し込む


 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー
コンサルティングメニュー 一覧
賃貸仲介業績アップ 賃貸管理業績アップ
売買仲介業績アップ 0賃金導入支援
資産管理部門立上支援 講演依頼
オーナー通信代行