TOP > 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー > 「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.27

賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー

「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.27

今回のことば "ツキの原理"

船井総研 賃貸管理ビジネスコンサルティングチームがお届けする経営者・経営幹部向けメ-ルマガジン
【ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え】です。
※月2回で船井流経営法の原理原則に関する情報をお届けしております。


松井哲也です。


業績アップ理論・考え方を総称した「船井流経営法」
今回は、「ツキの原理」についてです。


ツイている状態にするには?ツイている人になるには?
これは、運や、偶然ではなく、意図的に必然にできる行為ですので、ぜひツイ
た状態にしたいと思う方は、参考にしてください。


タイトルにもなっている、
まさに「ツキを呼ぶ」考え方や、行動が、どんなものなのかを具体的に説明します。


【まずはツイている状態にすること】

これは潜在的、心理的なものではなく、顕在された行動によって、
人はツイた状態にできるという話です。

経営者の中には業績を落としている人(ツキから見放された状態の人)は、いらっしゃいます。
そういったときは、まずその会社にツク状態になってもらわなければなりません。
業績アップを実現するためには、それがすべてにおいて優先されます。


なぜなら、業績が良いとき、あるいはツイているときの方向づけや意思決定は
すべて正しく・うまく行きますが、反対に業績の悪いとき、あるいはツイていないときに
考えることや意思決定することは間違うケースが多いからです。


賃貸管理会社でいえば、今の会社で、今の社員さんで、今の商品で、
とりあえず管理戸数も、仲介件数も、売上も前年対比110%ぐらいに伸ばすことです。


え?と思われるかもしれませんが、それが半年以上続いて初めて、ツイた状態になったといえます。
将来のことを考えて意思決定をするのはそれからです。


そうです。
まずは業績を向上させて調子に乗せ、自信をつけることです。
そこに企業経営においては「ツキの原理」のポイントがあります。


ツクためにはまず、ツイている人や物、会社などと付き合う必要があるといいます。

なぜならば、ツイているものと付き合うと、ほぼ間違いなく自分もツクようになっていくからです。
「類は友を呼ぶ」という言葉や「朱に交われば赤くなる」ということわざもありますが、
まずは「ツイているものと付き合うと、ツクようになる」ということが
ツキの原理の1つだということを理解してください。

管理戸数が目覚しく伸びている会社、高入居率を継続している会社、
確実に店舗展開を続けている会社、高単価リノベーション、収益売買が伸びている会社など、
成功している会社を、徹底的にベンチマークし、取り入れ成功させる経営者は、
ツイた状態に近づけ、自分からもノウハウを提供し、共有する方はさらにツイていきます。
自然に、ツキを呼び込んでいる状態を作っているのです。


私達の主催する、賃貸管理ビジネス研究会も、その原理から運営しています。
おかげで、会員さんの業籍が上がり続けて、ツイた状態も続いていると感じます。


おそらく、上記を実践した事がある方には、理解できる話しではないでしょうか。

【ツク人になろう】


繰り返し述べているように、自社業績を上げるためには、社員さんに「ツク」状態になってもらうことが、
経営者としての重要な役割です。
そのためには、経営者自身が「ツキの原理」を知り、自らこれを実行し、ツクようにならなくてはなりません。
さらに、「ツク」ものをつくり、「ツキの管理」もしていかなければなりません。


また、ツクようになるためには、結局は、自分の心を養っていく必要があります。
心を養い、「ツク」人間に自分自身を変えていきましょう。
言行一致していない経営者は、社員からの信頼を得ることは難しいからです。



一般的に「ツク人」というのは、次のようなタイプの人間をいいます。


【1】「プラス発想型人間」
ものごとをよいほうに考え、よいこと、あるいはよくなることを
想像・発想でき、絶えず「自分はついている」と思える。

【2】「すなお肯定人間」
どんなことでも素直に受け入れられ、
過去の経験や知識だけで物事を決め付けたり、否定したりしない。

【3】「勉強好き・挑戦好き・やる気人間」
新しい道の分野に挑戦し、それを知ることが好きな人。

【4】「謙虚な笑顔人間」
謙虚で、誰に対してもいばらず、差別意識のない、いつも笑顔の人。

【5】「長所伸展型人間」
他人の短所に目が行かないかわりに、長所がすぐ目に入り、
しかも他人や自分の長所を伸ばすことに全力をつくす。

【6】「自助型人間」
他人に任せるべきことは任せるが、責任は自分で負い、
自己犠牲的で、他をアテにせず、自分を建前とする。

【7】「辛抱・執念型人間」
耐えることを苦にせず、喜んで苦労し、しかも目標を定めたら、
達成するまでくじけず、執念を持ってことに当たる。

【8】「着実・バランス安定人間」
常にマクロな、バランスのある判断ができ、感情が安定して自己制御心が強く、
着実な実行力に秀でた人。

【9】「強気・負けん気・思いやり人間」
20代末までは強気で生き、30代~40代前半にかけては強気に負けん気をミックスして生き、
40代後半以降は、強気、負けん気に、思いやりも加わって生きるタイプの人。

【10】「高教養型の秩序維持型自由人」
統制や管理が大嫌いで自由を好むが、
約束したことや秩序維持のために必要だと判断されることは必ず守る人。


ツク人というのは、おおむね上記のような特性を有しているものですが、
こういった特性は、心の持ち方によって、あるいは心を養うことによって、
自分のものとなっていきます。


できるだけツカない人の特性を捨て、ツク人の特性を獲得するよう心がけてください。
そうすることが、そのまま自然の理に従う生き方だと、船井幸雄は言っていました。
ぜひ、企業経営の判断、行動に活かしてください。


担当コンサルタント

松井 哲也
賃貸・土地活用グループ
グループマネージャー 上席コンサルタント
岐阜県岐阜市出身。法政大学経済学部経済学科卒業。前職は大手旅行代理店の企画営業に従事。入社以来、不動産業(賃貸・売買仲介、管理業務)の業績アップ・活性化を手がけている。 空室対策や、管理業務の効率化を切り口に、現場の活性化、及び業績アップを手がける。 
綿密なマーケットリサーチに基づき、管理業務・仲介業務(仕入・集客・営業)のバランスを前提にした具体的かつ即効性のある現場中心の実践支援は定評である。 最近では、空室対策からの賃貸周辺商品(提案型リフォーム・売買・建替え等)、資産活用(新商品開発)への展開も積極的に取り組んでいる。

このコンサルタントに無料経営相談を申し込む

賃貸管理会社業績アップ勉強会 賃貸管理ビジネス研究会ご案内

この研究会は、全国でもトップクラスの賃貸仲介・管理会社を目指す事を目的として、
頑張っている参加者企業同士の皆様にて、お互いの最新成功事例を共有しあいながら、
また業界の最新時流を学びながら、今後さらに組織を活性化し、
生産性を高めていって頂ける場づくり
として考えております。

賃貸管理会社業績アップ勉強会 賃貸管理ビジネス研究会

>>詳細・お試し参加のお申し込みはこちら

 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー
コンサルティングメニュー 一覧
賃貸仲介業績アップ 賃貸管理業績アップ
売買仲介業績アップ 0賃金導入支援
資産管理部門立上支援 講演依頼
オーナー通信代行