TOP > 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー > NO.288 「人材に対する不安や脅威をお持ちでしょうか?」

賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー

NO.288 「人材に対する不安や脅威をお持ちでしょうか?」

■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■
賃貸不動産仲介管理ビジネスの黄金律 Vol.288
 
船井総研 賃貸管理ビジネスコンサルティングチームがお届けする
メルマガ【賃貸不動産仲介管理ビジネスの黄金律】です。
 
随時、賃貸管理ビジネスに関する情報をお届けしております。
■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■

船井総研の宮花です。

皆様、人材に対する不安や脅威をお持ちでしょうか?

厚労省が発表しているデータによると、有効求人倍率が上がっています。
今年に入り、1.3倍を超え、まさに人材採用難の時代に突入しました。

去年から有効求人倍率が1を超えるようになりましたが、
これは「仕事を探している人数」<「働き手を募集している数」ということです。

さらに、不動産業界は3年間の離職率が4割近いという、
他業界とも比べて1割ほど高い離職率という調査結果が出ています。

つまり、採用が難しく、社員が辞めやすい環境の中で、
どうやって会社を成長&拡大させられるかという時代に入っています。

マネジメント戦略を立て、着実な成長を遂げている会社には社員育成の仕組みがあります。

例えば、リーダー育成で言えば・・・
・社員の進むべき方向性(キャリアプラン)や理想像を明確にしている
・役職の肩書きだけではなく、管理職として機能している
・階層別研修やリーダー向けの研修を定期的に実施している
・リーダーに求めるべきことを明確にしてきちんと評価する制度がある

これらの項目に胸を張って「イエス」と答えられるでしょうか?

「社員の成長=会社の成長」でありますが、従業員数が増えてくると
店長(リーダー)が部下育成できないと社員の成長は伴いません。
組織を大きくさせる上で、最速の近道はリーダーを育てることです。

つまり、社員育成の仕組みを持っていない会社は、会社自体の成長も鈍化すると言えます。

実際に評価賃金システムを活用して社員育成に成功されているゲスト講師をお招きして、
少しでも皆様の会社の人財育成のヒントとなる情報をお伝えしたいと考えています。

ご興味がある会社様は、是非お早めにお申込ください。

▼[ 7月25日(月)東京会場 ・ 11月26日(火)大阪会場]
「リーダーが育つ平成時代の評価賃金制度」公開セミナー
 特別ゲスト講師:株式会社プランニングサプライ 代表取締役 水野 隆司 氏

お申込はこちらから↓
http://www.fudousan271.com/seminar/160725.html

===================================
      
 「評価賃金システム活用によるリーダー育成」 成功事例特別レポート

===================================


株式会社プランニングサプライは、昭和59年設立以来、広島市・東広島市を中心に事業展開しています。

賃貸管理、賃貸・売買仲介、マンスリー、リフォーム、法人社宅管理、プロパンガスを事業内容とし、
アパマンショップネットワークに加盟して現在は8店舗10拠点を持ち、管理戸数は6,000戸を超えます。

着実な企業成長を遂げるプランニングサプライの水野社長のコメントを少し記載します。

「プランニングサプライの成長を促進している評価賃金システムを見直したきっかけ何ですか?」

現場の実行力を上げる、店長にもマネジメント力を身につけてもらうにはどうしたら良いか悩み、
店長達の声を聞きました。

その時、店長から出た言葉は、「給料を上げて欲しい・・・」という率直な意見・・・。

もちろん、成果を上げている社員の給料を上げるのは簡単ですが、
そうでない社員の給料を上げても良いのだろうか?問題ないのか?人件費は圧迫しないか?・・・・。

そもそも不動産業界の評価賃金制度は、
「これをやったら、あなたに歩合いくらあげるから!」
「これをやらなかったら、賞与が下がってしまうよ・・・」
今の時代、そしてこれからの時代に合った人事制度なのか?と疑問を持ちました。

元来、私は人の能力に差はないと思っています。
その気になって仕事に打ち込めば、誰でも成長できるのでは?
どうやってその気にさせるか?その気にさせ続けられるか?それが一番のカギでした。
答えは、「まずは求める役割責任にふさわしい給与を支給する!」ことでした。

つまり、「成果を出せば給料UP」 ⇒ 「役割責任にふさわしい給料を支給してサポートする」形に
マネジメントに対する発想を逆転させたのがポイントでした。

評価制賃金システムを活用してリーダー育成に成功された事例の一部ご紹介でした。

詳細につきましては、皆様のセミナーへのご参加をお待ちしております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料経営相談】 コンサルタントにメールでご質問・ご相談ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様のご意見、ご要望、ご質問、読者の方々の近況等、何でも投稿お待ちして
います!

▼初回無料の経営相談の詳細はこちら↓
URL:http://www.fudousan271.com/muryoukeiei/

▼Webフォームからはこちら↓
URL:https://www.funaisoken.ne.jp/mt/fudousan271/inquiry.html

▼メールでのお問い合わせはこちら↓
メールアドレス: h-miyahana@funaisoken.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:
株式会社 船井総合研究所 賃貸管理ビジネスコンサルティングチーム
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
TEL:03-6212-2951(担当:カワツ)
E-mail: t-matsui@funaisoken.co.jp
公式サイト:http://www.fudousan271.com/
船井総合研究所 住宅不動産専門コンサルティング
住宅不動産コンサルティング.COM:http://www.fhrc.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コンサルティングメニュー 一覧
賃貸仲介業績アップ 賃貸管理業績アップ
売買仲介業績アップ 0賃金導入支援
資産管理部門立上支援 講演依頼
オーナー通信代行