TOP > 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー > 「船井流経営法とは"水五訓"そのものです」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.10

賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー

「船井流経営法とは"水五訓"そのものです」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.10

賃貸不動産仲介管理ビジネスの黄金律 特別号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 船井流 経営者論メールセミナー Vol.10

 「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

船井総研 住宅・不動産グループがお届けする
経営者・経営幹部向けメ-ルマガジン 【ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え】です。
※月2回で船井流経営法の原理原則に関する情報をお届けしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、おはようございます。
住宅・不動産グループの神田です。
「船井流経営原則」について、今回は"船井流経営法とは「水五訓」"をお伝えさせていただきます。
経営に迷った時、現場指導に迷った時、戻る拠り所になれば幸いです。

▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪

船井がコンサルタントとして、未だ駆け出しの頃は失敗のアドバイスも多く精神的に弱っていた時があったようです。
その精神的疲弊を打開しようとして、ある禅寺を訪ねた時、「水を師としなさい」と教えられたといいます。
その禅寺で「水」について諭され、素直に受け入れられた教えが「水五訓」でした。

ご存知の方も多いでしょうが、その教えは五つからなっています。

1. 自ら活動して他を動かすは水なり。
2.障害に遭いて激し、その勢力を百倍にするは水なり。
3.常に己れの進路を求めてやまざるは水なり。
4. 自ら潔うして他の汚濁を洗い、しかも清濁併せ容るるは水なり。
5.洋々として大海を満たし、発しては雲となり、雨と変じ、凍っては玲瓏たる氷雪と化す。しかしその性を失わざるは水なり。

この「水五訓」で経営法を悟ったといいます。


船井流経営法にてらしてみれば、
1は攻めの経営です。
2は競合相手がいればいるほど、競争心をもって対策を図り行動を興します。
3は積極的に多面展開をして大きくなることを目指す経営法です。
4は包み込みの発想をベストとして相手を受容してしまうスタンスの経営です。
5は言葉の通り、現状にこだわらず、状況にあわせて柔軟に変化対応して行くという経営です。


改めて、この五つの視点で成功企業を眺めてみると、当てはまる部分が多いように思います。
みなさまは如何でしょうか。
みなさまの経営にも当てはまると思いますので、是非、参考にされては如何でしょうか。
益々のご発展を願っております。


今回はここまでです。
ありがとうございました。

【神田達也 プロフィール】
1982年に入社以来、調査・企画を中心に業務を重ねる。
店舗開発(ショッピングセンターの開発・リニューアル・活性化)、物件活用、
事業開発、商店街の活性化、
各種業種業態の出店戦略、経営計画の策定、小売業の業績向上、(商品力・販促
力・販売力・売場力・固定客化力のアップ策支援)などを手がける。
この17年間のテーマとして住宅建築業の業績アップ支援を行っている。
工務店・住宅ビルダー・地域ゼネコンのコンサルティング(集客力向上・商品の
見直し・営業力強化・OB客の固定化・紹介促進等々)
として全国を対象に活躍中

▼メールでのお問い合わせはこちら↓
メールアドレス:kanda@funaisoken.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:松井哲也
株式会社 船井総合研究所 住宅・不動産グループ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
TEL:03-6212-2951(担当:カンダ)
E-mail: kanda@funaisoken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コンサルティングメニュー 一覧
賃貸仲介業績アップ 賃貸管理業績アップ
売買仲介業績アップ 0賃金導入支援
資産管理部門立上支援 講演依頼
オーナー通信代行