TOP > 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー > 「従業員のヤル気が一気に上がるコツ」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.9

賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー

「従業員のヤル気が一気に上がるコツ」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.9

賃貸不動産仲介管理ビジネスの黄金律 特別号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 船井流 経営者論メールセミナー Vol.9

 「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

船井総研 住宅・不動産グループがお届けする
経営者・経営幹部向けメ-ルマガジン 【ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え】です。
※月2回で船井流経営法の原理原則に関する情報をお届けしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、おはようございます。
住宅・不動産グループの神田です。
「船井流経営原則」について、今回は"ヤル気を上げるコツ"をお伝えさせていただきます。
経営に迷った時、現場指導に迷った時、戻る拠り所になれば幸いです。


▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪ ▪

人は、ヤル気になったときと、そうでない時とでは結果に大きな違いが出てくるものです。
ですから、このヤル気を上手くコントロールできれば従業員のもたらす成果も大きくできる筈です。

船井の唱えた原理に、
『1対1.6対1.6²の原理』があります。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
嫌な仕事を強制されてやった時の効率を1で表したとします。

ところが、これを強制されるのではなく、自分から納得してやったとすると仕事効率は1.6
くらいになる。

さらに、もしその仕事の計画に自分で参加し、納得してやった場合はどうなるでしょうか。
強制された時に比べ、1.6²くらいの効率があがるという。
これを『1対1.6対1.6²の原理』と言います。

如何でしょうか? 
みなさまの会社では従業員にどのように仕事をしていただいていますか?
仕事の与え方、関わらせ方で成果が大きく変わってきます。

以前、お付き合いした一体感のある企業の社長は、従業員との会話の中で、よく使う言葉がありました。

それは、
「君だったらどうする?」
「君だったらどうしたらいいと思う?」
という言葉です。

社長が指示してしまえば早いのですが、この社長は事ある毎に、この言葉を投げかけ
従業員を巻き込み、彼らにオーナーシップを持たせるように仕向けていました。

そうすると、次第に自分で考え自立的な行動をする社員が増えていったのです。
それもヤル気に満ちた集団となって。

もう一つの例をお伝えします。

自然素材を使用する住宅会社でのことです。
いま一つ受注が伸びずにいたときに、Y社長は営業メンバーと商品化の打合せをしました。
Y社長の作りたい家を押し付けるのではなく、営業メンバーの想いを聞きました。

すると、塗り壁を採用した建物を建てたいという意見がでてきました。程なく自社の仕様に
塗り壁を採用するようになってから、受注が増えだしたとの報告がY社長から届きました。

以上、仕事への関わらせ方次第で成果が変わるものです。
社長1人だけが頑張って空回りしないようにしたいものです。



他人から強制されて、いやいややった時の効率=1

他人からの命令でも納得してやった時の効率 =1.6

自分で計画に参加し納得してやった時の効率 =1.6²

今回はここまでです。
ありがとうございました。


【神田達也 プロフィール】
1982年に入社以来、調査・企画を中心に業務を重ねる。
店舗開発(ショッピングセンターの開発・リニューアル・活性化)、物件活用、
事業開発、商店街の活性化、
各種業種業態の出店戦略、経営計画の策定、小売業の業績向上、(商品力・販促
力・販売力・売場力・固定客化力のアップ策支援)などを手がける。
この17年間のテーマとして住宅建築業の業績アップ支援を行っている。
工務店・住宅ビルダー・地域ゼネコンのコンサルティング(集客力向上・商品の
見直し・営業力強化・OB客の固定化・紹介促進等々)
として全国を対象に活躍中

▼メールでのお問い合わせはこちら↓
メールアドレス:kanda@funaisoken.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:松井哲也
株式会社 船井総合研究所 住宅・不動産グループ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
TEL:03-6212-2951(担当:カンダ)
E-mail: kanda@funaisoken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コンサルティングメニュー 一覧
賃貸仲介業績アップ 賃貸管理業績アップ
売買仲介業績アップ 0賃金導入支援
資産管理部門立上支援 講演依頼
オーナー通信代行