TOP > 賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー > 「長所を伸ばすと欠点が消え、実績も上がる」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.8

賃貸管理会社・賃貸仲介会社のためのメールマガジン バックナンバー

「長所を伸ばすと欠点が消え、実績も上がる」 船井流 経営者論メールセミナー Vol.8

賃貸不動産仲介管理ビジネスの黄金律 特別号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 船井流 経営者論メールセミナー Vol.8

 「ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え」 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

船井総研 住宅・不動産グループがお届けする
経営者・経営幹部向けメ-ルマガジン 【ツキを呼ぶ 船井幸雄の教え】です。
※月2回で船井流経営法の原理原則に関する情報をお届けしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。
住宅・不動産グループの神田です。
「船井流経営原則」について、今回は"長所伸展法"をお伝えさせていただきます。
経営に迷った時、現場指導に迷った時、戻る拠り所になれば幸いです。


**************************************************************************

部下の欠点、他人の欠点は気になるものです。
それも、良い点がみえる前に欠点の方が先に見えてしまう人も多いのではないでしょうか。
でも、欠点に触れてはいけない。

欠点に触れてはならないために、欠点があり、欠点がみえるのです。
決して触れてはいけません。 触れた途端、相互にマイナスが発生します。

言われた人は心を痛め、
言った人は、天に唾をするがごとく、いずれ自分に返ってきます。
言った相手からの恨みも買うでしょう。

ですから、欠点に触れず、良い部分を見出し、その部分に焦点を当て続けると、その人の
長所は欠点を覆いつくしてしまう、と船井はよく申していました。
長所を伸ばすこと。

本田宗一郎さんの言われた「得てに帆あげて」です。
創業経営者の方々は皆そうではないでしょうか。

好きなこと、得意なことで事業を起こし、伸びてきた。
好きなことだから、得意なことだから、苦にもならず、続けることができた。
社員もそうです。長所をみつけて長所を伸ばしてあげて下さい。

以前、私のご支援先でこんなことがありました。

工務店を経営するK社長には3人のお子さんがいました。
2番目のお嬢さんが就職活動を始めて暫く経ったある朝、本命の会社の面接に行く前にK社長は
お嬢さんにこんなアドバイスをしました。

出来の悪い内の娘には受かる筈のない上等な会社だから、
せめて「面接の間はずっと笑顔でいなさい。」と。

その娘さんは、笑顔の可愛い素直な子でしたので、父親のアドバイス通り、面接の間中、
笑顔で応対していたとのこと。

さて面接試験の結果ですが、あろうことか、見事にその本命の企業に合格してしまいました。
当の娘さんも驚きましたが、K社長はもっと驚いて、この話しを私に聞かせてくれました。

船井曰く、
『欠点は大目に見て、「ここをもっと伸ばしなさい」と
助言すれば言う方も言われる方も楽しくなり、
実績も上がるのが
この世の常識であり経営というものです。』


今回はここまでです。
ありがとうございました。


【神田達也 プロフィール】
1982年に入社以来、調査・企画を中心に業務を重ねる。
店舗開発(ショッピングセンターの開発・リニューアル・活性化)、物件活用、
事業開発、商店街の活性化、
各種業種業態の出店戦略、経営計画の策定、小売業の業績向上、(商品力・販促
力・販売力・売場力・固定客化力のアップ策支援)などを手がける。
この17年間のテーマとして住宅建築業の業績アップ支援を行っている。
工務店・住宅ビルダー・地域ゼネコンのコンサルティング(集客力向上・商品の
見直し・営業力強化・OB客の固定化・紹介促進等々)
として全国を対象に活躍中

▼メールでのお問い合わせはこちら↓
メールアドレス:kanda@funaisoken.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者:松井哲也
株式会社 船井総合研究所 住宅・不動産グループ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
TEL:03-6212-2951(担当:カンダ)
E-mail: kanda@funaisoken.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コンサルティングメニュー 一覧
賃貸仲介業績アップ 賃貸管理業績アップ
売買仲介業績アップ 0賃金導入支援
資産管理部門立上支援 講演依頼
オーナー通信代行